CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
お守り



みなさんお守りを頂いた事はありますか?
お守りは人の願いを象ったモノ。

幼い頃は祖母や両親から頂いたり、お土産でいただいたりしましたが色々な部分を汲み取る事はありませんでした。

大人になって人からいただいたお守りはこの二つ。
一つは目をとても悪くした時に送られて来たモノ。
もう一つは体調をとても悪くした時にいただいたモノ。
どちらも比較的最近なのですが、当たり前ですが言葉を話したり、何か書いてあるモノではありません。
それでも沢山伝わってきました。








昨晩、遅くに革を裁断していると手がとまりました。


 
| 雑記 | 13:29 | comments(0) | trackbacks(0) |
2016
新年明けましておめでとうございます。

2016年も皆様にとって良い年になりますように。

本日より通常営業になります。

当アトリエの営業も残すところ3週間になりました。
良き出逢いに恵まれ、多くのお客様にお届けできますように。
製作に励んでいきたいと思います。

本年も宜しくお願いいたします。



<南アルプス>
 
| 雑記 | 09:06 | comments(0) | trackbacks(0) |
大好きな時間







昔とある方に言われた言葉

“あなたの本当の望みは叶わないけれども、あなたは沢山の人に救われる”

若かった僕はその表面だけ掬いました。

ちゃんと自分に目を向けた時にその言葉は広がっていきました。
 
| 雑記 | 07:09 | comments(0) | trackbacks(0) |
思いは招く。





革。革。革。
ついポンと置いてしまった革の在庫。
いつもはどこに何があるか把握しているのですが、使いたい革をどこに入れたかわからなくなってきてしまいました。
整理しないとね。。







今朝は大分冷え込み、朝の散歩も白さが残る景色となりました。
ようやく冬らしい感じになってきたのかなと思いながらいつも通りのコースをお散歩。

今日はそんな中、春を感じさせる色合いのお財布を仕立てていきます。

僕の大好きな作家さんに星野道夫さんという方がいます。
彼のフィルターを通された言葉がとても大好きで、読む度に思いを巡らせ、感じ、共感しています。

そんな彼の作品の中には、過酷な厳冬期を過ごす中に春の到来を感じさせる描写が沢山出てきます。
ここはそんな気候でも無く、都下の田舎町ではありますが、思いは自由です。
寒くて夜が長い冬から思う、命が芽吹く春。
彼女を想う彼からのプレゼントに同じ方向の想いが乗せられたらな。。

想いは必ず届きます。






 
| 雑記 | 11:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
HOKORIMAMIRE
製作の方も少しモンモンとしてきたので、少し空気を入れる為に片付けをしてきました。











さて、どうしてくれよう。

山積みされた荷物。
天井に積まれた養蚕業の道具達。

壁に積まれた荷物をまとめ。
天井に上り蜘蛛の巣にまみれ。
嘘の様な埃の中。

とても沢山の事を考えました。
なぜ僕は今ここでこうしているのだろう?


来られて良かった。
たまに聞こえる車の音に人の気配を感じながら、色々な所に巡っていた思いがギューッと一つにまとまりました。




 
| 雑記 | 09:58 | comments(0) | trackbacks(0) |
お茶が冷めないうちに。。
今日の午前中はここアトリエのある場所の自治会活動である月に一度の革教室です。
何年経ったかは忘れてしまいましたが、皆さんも慣れてきた様子で、あまり指導する事なく、各自作業を進めています。






ちょっとハードな革を使った奥様へのプレゼント。
ハードな革を曲げて縫っていくのは大変な作業ですが、これぞ革細工といった感じです。
出来上がった張りのあるシルエット。
何より創る事を楽しんでいただけたら、それは自然と伝わっていくと思います。
穴合うかな。。。大丈夫です。たとえ合わなくても駒合わせして縫っていきましょう。
クリップはナイスアイデアです。







そうですそうです。
糸にはしっかり蝋をつけて縫製しましょう。
糸を上に立たせてピンと自立するぐらいに。







ゴチャゴチャした机の上。
大好きです。
皆さん少しずつ、思い思いの道具を揃えています。
いいんです。専門道具でなくても作れますから。


午前中の教室を終え、僕は年内最後の買い付けへ、蔵前、両国、浅草橋あたりに向かいました。
雲が多い空でしたが。。
見えた見えた。







スカイツリー。
この距離からだとさほど高く見えないのですが、上にのぼるとすごいんですよね。。
眼下に広がる東京都心部。
よくもまあ狭いスペースにこんなに開発したな。と思いながら、普段はその下で生活をして生きているのに。。その “生” の気配が感じられない景色。
いつもとは違う時間の流れでした。
 


そんなスカイツリーを横目に、蔵前、界隈で怒濤の買い物を済ませました。







久しぶりの国技館。
国技館と言えば。。。歩いてすぐにある、老舗名店。。。







ちゃんこ“川崎”。
あー升酒飲みながら。。冷えた身体を。。
なんて思いながら、今日の僕のお昼ご飯は。







車中で昨日の晩ご飯のチャーハンの残りのおにぎりです。
とても美味しかった。






ただいま。
良い子にお留守番できたね。
ご褒美に大好きなガムです。


いつも側にいてくれてありがとう。


行きに買ったペットボトルのお茶にまだ温かさが残るつかの間の出来事でした。。
 
| 雑記 | 15:29 | comments(0) | trackbacks(0) |
僕の仕事

僕の、僕たちの仕事。これはどんな仕事もそうなのですが、華やかな印象とは裏腹にとても地味な仕事です。
皆さんは革職人を想像すると、カタカタとミシンを踏んでいたり、チクチクと手縫いをしていたりするシーンが浮かぶかもしれませんが、特にミシンに関しては一瞬です。
どんな行程にも難しさはありますが、長く時間を費やすのはヤスリがけや、下処理などの地味な仕事ばかりです。






切り口などは、熱を加えたり薬品を浸透させたりしなが綺麗になるまで何度も磨き直します。
スエードや鹿革、柔らかいクロームの革などはとても手間と時間がかかる作業になります。
つまむ作業も多く、爪もどんどん剥がれていき綺麗とは言えない手になってしまいます。

今までうちをノックして来た人たちは大体この段階でアトリエを去っていきます。
ご興味があり、やってみたいと思ってらっしゃる方は是非一度自分で作ってみて下さい。





そして息を止めながら色をのせていき、納得のいくまでこの作業を繰り返していきます。


製作していると気持ちは勝手にこもっていきます。
そして自分の手を離れると気持ちも離れていきます。
どうでもいいというのではないので誤解しないで下さい。

そして、手を離れていったモノはその人のモノになっていきます。

ですので、末永く使って下さい。
不具合は修正します。壊れたモノは直します。

主人の手を離れる事ほど寂しい事はありません。

たまに里帰りしてくれて、表情とか見られると、とても嬉しいです。




 
| 雑記 | 10:47 | comments(0) | trackbacks(0) |
本年も大変お世話になりました。
早いもので本年も今日が最後の日。
当アトリエもあとは掃除をして今年の活動を終わりにしたいと思います。

来年の1月を迎えると当アトリエも7年目に入ります。
どこの馬の骨かわからない髪の長い兄ちゃんが、茶色い革のカード入れしかない状態で始めたアトリエが、
皆様に支えられて、今日までどうにかやってこれました。
自分自身も精一杯取り組んで日々を過ごしてきたつもりですが、振り返ると『あの時はこうしておけばよかった』と思う事は数えきれない程あります。

毎年思う事ですが、失敗は繰り返さない様に経験という糧にして努力して行きたいと思います。

本年中にお渡ししたかったお客様も多々いらっしゃいます。
申し訳ございません。。
良いモノをつくりますので、もう暫くお待ち下さい。

自分がお客様だったらと想像する事は沢山の場面であります。
その時どうしても『納期』の事で悩まされてしまいます。
あまり長い期間の納期をお伝えすると、必要無くなってしまうのではないか、といった怖さが幾度となく苦しい状況を作ってしまいました。
当たり前の事をもっとしっかり出来る様にがんばりたいと思います。


来年1月は4日から通常営業いたします。


皆様良い年をお迎え下さい。
来年も宜しくお願いいたします。
| 雑記 | 14:02 | comments(2) | trackbacks(0) |
パートナー

愛犬のチェリーが向こう側に逝ってから半年以上が過ぎました。
すっかり外を歩く事も少なくなり、土手から見る季節の変化や植物、鳥、空が目に飛び込んでくる事も少なくなり、かといってそれが自分自身にどんな影響があるのかも気がつかず、ただただ制作の日々を送っていました。

ある日、何気なくペットの里親サイトを見ていたら一匹の犬が飛び込んできました。
それからの説明はご想像通りだと思いますので省かせていただきますが、再び犬と生活を共にする事になりました。




プロットハウンドの“おこげ”。
2〜3歳の女の子です。
名前は保健所から救出してくださった個人の保護活動家の方がつけてくださいました。
せっかくの名前ですのでそのままです。

僕はあまり犬の事はわかりませんが、この犬種は猟犬で、猪猟などに活躍するそうです。
山の中を放浪していたところを保護されたそうです。
実際に猟に使われていたのか、捨てられたのか、どうかはわかりませんが、痩せていて人間不信(特に男性)でした。

今は前の保護していただいていた方の愛情とこれまで出会った人の愛情で大分穏やかにはなってきていますが、まだ唸ったり、吠えたり、威嚇したりする時もあります。
人が望む “犬” とはほど遠いかもしれませんが、今は愛情をたくさん与えて、心から安心できる環境を作り、彼女の個性をたくさん伸ばしていきたいと思います。

なので皆さん宜しくお願いいたします。


チェリーも見守っててね。。









お知らせ

お財布のご注文をいただいているH様。
ご連絡先がわからず、この場で失礼いたします。
出来上がっておりますので、ご都合が良い時にご来店下さい。


 
| 雑記 | 13:11 | comments(2) | trackbacks(0) |
明けましておめでとうございます。
新年明けましておめでとうございます。
本年も宜しくお願いいたします。

今日から仕事はじめ。
昨年出来なかった事を中心に大きな事を言わず、黙々と製作に励んでいきたいと思っています。
先を考えるのも大切ですが、目の前の事を一つ一つ。

さて今日は修理から感覚を戻していこうと思います。

 
| 雑記 | 09:54 | comments(0) | trackbacks(0) |
<< | 2/10PAGES | >>