CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
<< 時間旅行 | main | 閉店のお知らせ >>
プロが使う道具
製作にはどんな状況であろうとも最大限気を使いますが、プロが使う仕事道具には、自分も職人の端くれ。想像力がかき立てられます。
今回はお仕事で使う道具入れ。
ヤスリを沢山入れられる様です。

クルクルと丸めるよくあるツールケースです。
自分もバイクに乗っていた頃は使用していたので想像はできましたが、求められるのは使いやすくて頑丈に。

素材選びにとても悩みました。

使いやすい厚みは1.0〜1.2ミリ。
強度を出すために0.5、0、6ミリ同士の貼り合わせも考えましたが、張り合わせる接着剤の質感に違和感がありました。

色々な事を考えて、僕が行き着いた素材はコンビ鞣しのベビーバッファロー。
薄さの割に強度もあり、繊維の感じもきめ細かく良いと思いました。

それでもそのままですと張りが強いので、縦、横、斜めと手揉み仕上げをしました。






右が手揉み後。

縫製箇所もいつもとは違う感じに少し前でストップです。
糸切れの原因は避けたいですね。






返し縫いもいつもより多めに行いました。

こういったモノは修理をする事を前提に製作していきます。
作ったモノはいずれ壊れます。
それが過酷な仕事現場であればなおさらです。

特に素材や色合いの指定は無かったので、気に入っていただけると良いのですが。



アトリエの営業も早いもので残り一週間となりました。
来客のお客様も多く、懐かしいお客様にも沢山会う事ができ、素敵な時間を過ごさせていただいています。
こんな事言ってはいけないのかな。
製作も続けていきますし、またお会いできるのですが、お客様がアトリエから帰られる時 “ここでお会いできるのは最後かな” なんて一人思い、少し寂しくなります。
失って気がつく事がある事と同じ様に、日常だった事が変わっていく時には、日常だった掛け替えの無い時間の有り難さを強く思います。
さりげない人の気配りであったり、言葉であったり。
日常の忙しさに我を忘れないで、こういった事をいつも想えるように。
ここ数ヶ月よく思う事です。



 
| 特殊オーダー | 21:36 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://news.atelierhab.jp/trackback/1413287
トラックバック