CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
<< 数を作る事 | main | 革の鎧 >>
フィッシングバッグ風




オレゴンというテフロン加工が施されている皮革をメインに鞄を作りました。
テフロン加工は防水となります。
赤っぽい革はプエブロ。
メインの皮革が柔らかな素材ですので、プエブロも今回はばた振り加工をして柔らかな質感になっています。
ミネルバボックスのプエブロ加工といった感じですね。

この鞄は通常展開している形ですが、今回はお客様の御要望で細かなカスタムが多くあり、一番の難題は鹿革の様に柔らかな皮革を自立し、張りを出して、でも質感は損なわない様にという事でした。
芯材選びと入れ方などに大変苦労しました。
外から見て大きく違う点は持ち手がある事でしょうか??







上の写真は標準装備ですが、背面ポケットではなくて、中と通じています。
とても便利です。
あっ。。スライダーに持ち手を付け忘れていますね。。。


見た目より軽く、理想通りの雰囲気になりました。
一安心です。


大変お待たせいたしました。
いつもありがとうございます。


<マテリアル>
オレゴン トープ  ×  プエブロ コッチネラ (ばた振り加工)
ライニング:スエード
| | 14:13 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック