CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
革の鎧




革の鎧なんてオーダーが入ったら嬉しくなってしまいますね。

今回は鎧の様なベストを作ります。
裏地もありません。
もの凄くシンプルです。
革ももの凄く厚いです。
重いです。
鎧のようです。


色はお客様のセンスで。


赤は『火と血』
黒は『深い闇』

インディアンのビーズ文化で学びました。
戦士の色合いですね。

そんな事知ってる人はあまりいないのですが、知らないで選ぶ配色。
色は人の内側が出る様な気がするので、なるほどな。。なんて一人で思ってしまいます。

防御力も高そうです。。。
| バイク | 16:34 | comments(0) | trackbacks(0) |
ブライドルレザー
 








オーダーで制作させていただいたサドルバッグ。
馬具にも使われるブライドルレザーを使用しました。

ブライドルレザーといえばビジネスシーンの小物や鞄ではよく耳にしますが、個人的には蜜蝋をすり込んで作られたこの革こそサドルバッグに最適と思っていました。

にしても硬い。。。








今回はW650専用。
お客様のお好みでシンプルなデザインと、便利な水筒ケース付です。


どんな風になっていくかとても楽しみです。


何度もご来店いただいた上、大変遅くなりご迷惑おかけいたしました。

ありがとうございました。



<マテリアル>
ブライドルレザー  ロンドンタン
手縫い
| バイク | 09:14 | comments(0) | trackbacks(0) |
天秤
 







表裏コードバンのバイカーズの無双財布。

単層構造で繊維構造が独特のコードバンは型入れや漉きを誤ると強度が落ちてしまうので作業が慎重になります。
今回はハードなバイク乗りのお財布。
繊細な作業といった面では少し肩の荷が下りますが、ハードに使うモノだからこそ他の面で気を使います。

僕の革人生の中でバイカーズのモノは何百、何千と作ってきました。
僕自身もバイクに乗っていた時期があるので、使用具合はよくわかります。

普段でしたら中に隠してしまうステッチも表に出します。
革の繊維も折り重なる様に張り合わせ、セッセコセッセコ手縫いします。

モノは壊れますし、壊れたら直せばいいんです。

ニーズに合ったモノ作りが一番だと思っておりますが、反面、漉きを駆使したうすーいお財布とかと比べて“どっちがいいかなー”とか悩んだりもします。


| バイク | 21:22 | comments(0) | trackbacks(0) |
シート張替え
 







今日はシートの張替え。
なかなか作業が進まず、大分お待たせしてしまっています。

久しぶりのリベット打ち作業に手が痺れます。。。
| バイク | 13:31 | comments(0) | trackbacks(0) |
サイドバッグ
 





今日は朝からお客様の所にお邪魔して、ご注文いただいておりましたバイクのサイドバッグの調整、納品に行ってまいりました。

当アトリエではよく使うバッファローですが、今回の皮革はアメリカのバッファローです。
ネイティブアメリカンのクラフトにもよく登場する動物です。

ヨーロッパ、インドのバッファローとはまた違う、厚くて無骨な印象のこの皮革はバイクの鞄にぴったりでした。








金物を削りだすお仕事のお客様。
持ち込まれた金具は中に埋め込み、あとはお客様にバトンタッチです。



大変お待たせいたしました。
ありがとうございました。
| バイク | 12:07 | comments(0) | trackbacks(0) |
お財布
今日はご注文いただいたお財布をご紹介いたします。



素材はブライドルレザー×ブッテーロ
手縫いで縫製いたしました。

せっかく当アトリエにご注文いただいたので、普段はあまり使用しない厚みの革で、ハードに扱っても壊れない様に場所によっては漉き、補強を入れて製作しました。
中の作りはお客様の使用勝手に合わせてオリジナルとなっております。

コバ面はロウを使用した、切り目本磨き。
ロウを染み込ませる事により、お水にも強いですね。

ブライドルレザーやブッテーロなどの素材は、紳士的なイメージの製品が多いのですが、風雨にさらされるバイカーにとってこそ最適な素材だと思います。


僕は定番の形を、自分なりによく考えなおし、丁寧に作る様に心がけております。
それは色々考えた結果、飽きもこなく、使いやすいからです。

でも心の奥の方では、せっかくモノ作りの世界にいるので、いつまで製作できるかは解りませんが、定番とまではいかなくとも、せめて一つぐらいは皆さんを“をっ!!”と言わせるモノを発表できたらな。。と思います。


ありがとうございました。



| バイク | 08:42 | comments(6) | trackbacks(0) |
オーダー
11月11日11時11分を目指したんですが。。。

今日はオーダーいただいたバイクに装着するケースをご紹介します。



素材はサドルレザー。
バイクに装着するのでかなりハードな仕様になっております。
ハーレーのウルトラのシールドの部分に装着し、i-Podを収納するようです。
ワンポイントにビーズワーク。

後ろから帯の様に出ている部分はボルトにかませる予定です。

ハーレーのウルトラといえばツーリング仕様です。
新車を見ましたが車顔負けのデラックスな作りで、こんなのにまたがりツーリングできたら快適だろうな〜なんて思いました。

今回のオーダーの作りですと、色々な物に応用できそうです。
メガネケースやペンケース、ボックスティッシュケースなんてお洒落ですね♪

色々と想像しながら楽しく製作できました。

ありがとうございました♪


お知らせです。

今週の土曜日ですが、夜都内に出なければならないので、営業を夕方5時頃までにしたいと思っております。
ご迷惑おかけしますが宜しくお願いいたします。
| バイク | 23:23 | comments(0) | trackbacks(0) |
オーダー
今回はオーダーいただいた携帯ケースをご紹介いたします。



素材はサドルレザーを使用し、ベルトループとメインの蓋の部分にシルバーで装飾をいれました。

ホックで留めるようになっていて、腰から下げた時に丁度ベルトの下場にくるようになっています。
強度が必要な所にはデザインも兼ねて補強が入っておりますのでヘビーユーズにも耐えられると思います。
長い間使用していただいてシルバーにも味が出て、革が飴色になった時が楽しみです♪

近年 携帯電話は様々な機能が付いていて色々と気を使います。
カメラのレンズや液晶が傷付かない様にとか、サイズの違いなど様々です。
製作の際は寸法等をしっかり確認しますのでお持ちになってください。。。持ってるか・・・

ありがとうございました。



| バイク | 22:09 | comments(0) | trackbacks(0) |
FOR BIKER
今回はバイク屋さんからのご紹介で製作させていただいたリザーブタンクのケースをご紹介します。



タンクを小さくカスタムされている方は街乗りや、長い距離のツーリングの時にヒヤヒヤするものです。
そんな時にとても便利です。
重いバイクを汗をかきながら押すのも思い出となりますが。。。

バイクに付くのでかなりハードな感じに製作させていただきました。そこそこ重いタンクが収納されるので革だけでは長い目で見ると心配です。そこでバイク屋さんのご提案で革の中にはステンレスで製作されたステーが内蔵されております。
これで安心ですね♪
北海道を駆け抜けて下さい♪

グライドストーンサイクル様ありがとうございました。

オーダー製作の物はなかなか難しいので少しお時間を頂くかたちになります。
ご了承下さいませ。
| バイク | 00:24 | comments(2) | trackbacks(0) |
| 1/1PAGES |